耳鳴りの治療法であるTRT療法

MENU

耳鳴りはどうして発生しているのか。

耳鳴りの治療法:TRT療法

 

耳の内部には有毛細胞という、空気の振動を電気信号として脳に伝達する器官があります。この有毛細胞は年齢を重ねていくに従って抜け落ちていってしまい、新たに作られることがありません。空気の振動を電気信号に変換しているこの細胞が減っていってしまうと、脳側が勝手に音を作り出して有毛細胞が減った分を補おうとするのです。

 

その結果耳鳴りが発生してしまう、というメカニズムがあることを解明されています。

 

原因は、日常のストレスにあります。過度のストレス状態に晒されていると自律神経が異常をきたし、脳が過敏状態になってしまい、普通は気にならないはずの軽い耳鳴りでも音量が大きく聴こえてしまいます。

 

普通の方でも、何かの拍子に聴こえる経験をしたことがあるはず。それが大きく表面化して聴こえてくる症状が耳鳴りです。

 

四六時中悩まされている方もいれば、就寝時に特に聴こえてくる方もいますが、音のしない静音時に聴こえてくる方が多いようです。

日常、または病院以外での対処方法

この症状は、先に取り上げていた有毛細胞が抜け落ちる事が原因とされています。

 

脳が音を補完するために発生するというメカニズムですが、日常生活で気になってしまう場合は音楽をずっとかけ続けていると楽になるようで、多くの方が経験的に実行されています。

 

またストレスが原因で起こる症状ですので、脳をあまり興奮させてしまわないような生活を心がけると良いです。

 

コーヒーを飲みすぎているのであればカフェインレスのコーヒーに切り替える、朝に太陽の光を浴びながら散歩をすることも、幸せホルモンのセロトニンが生成されるので効果的です。

 

病院に掛かる以外の療法としては鍼治療も選択肢としてありますが、一週間に一度、一ヶ月を目安に通ってみて効果のほどが分かるようです。基本的に病院の耳鼻科に掛かると安定剤を処方されるのが通常のお医者さんの対応ですので、まずは自分のできる範囲内で、できる努力をしてみることも大切です。

TRT療法とはどういう治療方法なのか

TRT療法とはTinnitus Retraining Therapyと呼ばれる療法のことで、脳側で過度に意識してしまっている耳鳴りへの警戒心を解き、心理的に対象の音に慣れさせていくことで、耳鳴りの消失、あるいは軽減を狙うというものです。

 

この療法を扱っている専門の耳鼻科に受診することで治療を受けることができます。始めは問診表に症状の詳細を書いてもらい、その後聴力検査や詳しい診察を行い、実際TRTの装置を装着して目的の耳鳴りの音に近い音を探って、パソコンを用いて設定をします。

 

その後しばらくの期間をおいて機器をレンタルをしてもらい、一日数十分から始めて数時間まで装着する時間を延ばしていきます。

 

このTRT療法によりかなり改善された方もいれば、治ってしまったという報告もあります。耳鳴りに苦しんでおられるのであれば、ひとつの選択肢として一度TRT療法を扱っている専門の耳鼻科を受診してみるのもよいでしょう。